王都以前に栄えた浦添を中心とした琉球王国の歴史に実在の王として
初めて姿を現した人物で、中国との交易や産業振興で国を発展させた
人物です。


浦添市地域通貨は、この「察度王」にちなみ、「てだこ(英祖)のまち」
を支え、地域活性化にふさわしいイメージを備えているとして「察度」
という名称に選定されました。

 
浦添市地域通貨「察度」のキャラクタデザインは、市内在住の大城由乃
さんによりデザインされたものです。




                                                         (浦添市役所HPより一部抜粋

satto_zentai25p