『地域通貨』とは、一般的にお互いに助けられ支え合うサービスや行為を、時間や点数、
地域やグループ独自の紙幣等に置き換え、これを「通貨」とみなしてサービスやモノと交換し、
それらを循環させる仕組みのことです。


「法定通貨」である「円」が紙幣や貨幣という“形”で
人から人へ、人から企業へ、物と交換したり、
サービスと利用したりするのと同様に、
「気持ち」や「価値観」を「お金のようなもの」で
形にしてやりとりをする
「もう一つのお金」ともいうべき働きをするものです。


『地域通貨』は、法定通貨ではその価値を表現しにくい市民のボランティア活動や
様々な地域活動や、浦添市の施策を推進するにあたり必要とする市民参加と協力を支援し、
市民の頑張りを地域通貨のポイント数としてわかりやすく具現化します。
たまったポイントを様々なサービスや利用者がお互いに交換することで、
活動に対する市民の参加意欲を向上させる、あるいは気軽にまちづくりに参加できる環境づくりを促し、
浦添市内の地域や市民が持っている潜在的な能力や活力を引出すことを目指すものです。

(浦添市役所HPより一部抜粋)